boz Works
日々思う事のあれやこれやを書き綴ろうと思います。 お気軽に覗いてやって下さい。

プロフィール

boz

Author:boz
Hi,i'm boz.
enjoy!

PR

Join the FON movement!

カテゴリー

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック


スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

残しておいて欲しい技術やね。

2006/06/04(日) 00:00:00
ティム・バートンのコープスブライド 特別版 ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ダニー・エルフマン (2006/03/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


つい先日この映画をレンタル屋さんで

借りてきて観たのですが。

「ティム・バートン」という「監督」

はナカナカ「やりよる」監督さんで

ストーリーもその時代の背景を忠実に

再現出来ていたと思いますし、

とても楽しめる面白い映画だと

思います。

とにかく、この「CG」全盛の時代に

「パペット」を(人形さんの事です。)

使って撮影されているのがイイ感じを

作品全体に漂わせている。と思います。

まぁ、勿論「PC」の恩恵も受けている

訳ですが、基本的な所は「パペット」を

使い、ワンカットずつ撮影していく

方法をとっています。

何でもかんでも「CG」というこの

ご時世にこういう方法を選んで

作品を作っているというのは

逆に凄い事だと思いました。

「CG」を使った映画も、勿論好きですが

こういう方法で撮影された映画も

大好きですので、是非、この技術は

残していって欲しいですね。

無論、「PC」の恩恵を受けて、

更に発展していって欲しいものです。

こういう映画を観るといつも思い出す

のが、子供の頃に観た映画の中で

「ガイコツ」と「勇者」や「その仲間達」

が「チャンバラ」をしていたシーンを

思い出します。

結構こういった「パペット」を使った

物や、「クレイ・アニメ」と言われる物

って、何か「暖かみ」を感じてしまいます。

「ホラー」というよりチョット「アプローチ」

の違った「恋愛物」?と思って

観て頂けたら、面白いと思います。

機会があれば、一度ご覧頂ければ。

と、思います。

 <(_ _)>         “暴主”

2006/06/04

スポンサーサイト

前FC2時代TB:0CM:0
<< 食べてみました。ホーム全記事一覧どえらい事ですなぁ。 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bouzu5150.blog104.fc2.com/tb.php/595-48546efe

スポンサー

Google

最近の記事

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

RSSフィード

リンク

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

アフィリエイト・SEO対策

無料blog

サーバー・ホスティング

カウンター

Copyright(C) 2006 boz Works All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。